葬儀に参列する方が知っておくべき

葬儀の知識

スタッフイラスト
コラム(ふきだし)

弔問と会葬者の心得

数珠をつけて両手を合わせる女性の手元

弔問とは、訃報を受けてから遺族宅を訪ね、お悔やみの言葉を述べることです。葬儀・告別式へ参列する場合も含みます。お通夜や四十九日の間に伺うなど、場合によって方もするタイミングは異なります。弔問の際は遺族に配慮し、迷惑にならないようにしましょう。

弔問の際の服装

訃報を受けてすぐに伺う場合、病院へ向かう場合喪服を着ていくと失礼に当たります。あまり派手な服装を避けてスーツなど地味な服装で伺いましょう。お線香をあげるために弔問する場合も喪服を着る必要はありません。葬儀後に自宅へ弔問する場合は、事前に遺族へ連絡をとり、負担とならないように、葬儀が終了してから3日目以降に伺うのがベストです。

弔問・会葬の際の挨拶

「この度は御愁傷様です」「心からお悔やみ申し上げます」などの弔意を表す言葉や、「何かお手伝いすることがあればお声をかけてください」など気遣う言葉をかけましょう。遺族を気遣うことが何より重要ですので、亡くなった方の死因や病状など細かく聞いたりはせず手短に弔意を伝えます。

弔辞を依頼されたとき

固辞せず、快く引き受けましょう。遺族は故人様のこともよく知っている人に弔辞をお願いします、是非ともこの人にお願いしたいと思って依頼するのです。ですから、弔辞を頼まれた時には決して固辞せず快く引き受けるべきだと思います。

弔辞の内容を考える

弔辞を引き受けたら、話す内容を考えましょう。自分の言葉で話せば大丈夫ですが、しっかりと内容を考え原稿を用意するのがマナーです。一人3分くらいが一般的ですので、原稿用紙2〜3枚を目安にしましょう。一般的には、故人を悼む言葉を冒頭で伝え、故人との思い出を話します、最後にお別れの言葉で結びとなります。不幸を連想する忌み言葉は使わないように気をつけましょう。

原稿は丁寧に書きましょう

弔辞は読み終わった後、祭壇に置き葬儀後は遺族が保管します。誤字脱字が無いように気をつけ丁寧に書きましょう、正式には毛筆で書くべきですが、ペンなどでも構いません。最近ではプリントしたもの見受けられます。字が綺麗でなくても自筆で丁寧にかく心がけが大切です。

事前相談はこちら

資料請求はこちら